もめなへむみ

歴史や経済ゲームを扱う場です。※このブログの内容は作者の個人的見解に基づくものである

連載【戦国時代型労働思想】⑦戦国武士の労働者像・分国法から見る上下の意識

 前回紹介した菅野覚明氏の武士の定義で言えば、こと戦国時代の武士こそが一番、武士らしい武士であると言える。戦国時代とは、駿河戦国大名今川義元の定めた[i]「今川仮名目録追加」第20条に「(中略)只今はおしなべて、自分の力量を以て、国の法度を申し

付け、静謐する事なれば」(p773)と、あるように「自分の力量」で渡り歩く時代であった。

 自分の力量というのは、それ以前の鎌倉・室町時代では、知行を貰うとき規模は明示されずその土地の「職」に任命されてその職務の権益から生じる税を貰う「所職知行」であったものに対し、戦国時代になると、土地そのものを知行としてもらい受けるようになるのである。これを「一円知行」と言い、前者が土地を支配するのではなくあくまで権益を保持しているに過ぎず、その土地から得られる収入の大部分は自分を職に任命した上司に納めていたのに対し、後者は大名に納める必要はなく、自分自身で全てを得ることができたのである。

 それは、まさしく武力を用いて所領を拡大し、妻子を養う本来の武士の姿であったと言える。そして、その武士が一番武士らしかった時代の武士の考え方は、本来の「武士道」であると言えるのではないだろうか。また、その「武士道」を「労働者意識」として捉え直すことが本論全体を通しての趣旨である。

 戦国期、自分の力量をもって、渡り歩いた武士の考えは、江戸期の武士道ましてや新渡戸稲造の創造した武士道とは全く別の極めて現実的なリアルズム溢れる武士道ではなかったのではないかと考えるのである。そして、本章では、具体的に戦国時代の武士がどのような考え方の元に主に奉公し、主はどのような思いで御恩を与えていたのか武士と大名の上下の関係を述べ、それに合わせて戦国武士の労働者意識とはどのようなものであったのかを、考察することにするのである。

 

 

1分国法からみる上下の意識

 戦国期の大名といえば、大河ドラマや講談などにみられるように才覚に溢れた大名がその力強いリーダーシップで皆をまとめあげトップの思うがままに命令を下し、逆らうものには容赦ない罰を与えるという悪く言えば独裁者、よく言えばカリスマのような存在であっと考えられている。しかしながら、武将と大名の関係が主従の関係ではなく、労使の関係であったと前回述べた以上にその関係が上下の絶対的な関係であったことはあり得ないと考える。

例えばオルガンチーノという宣教師が友人に送った[ii]手紙のなかに「日本人はムチで人を罰することはしない、もし、家来が主人の異にそぐわない行動をしたときに、主人は前もって家来に怒りや憎しみを表すことなく殺してしまう。何故なら、嫌疑をかけられると家来は主人を殺してしまうからだ。」(著ヴァリニャーノ/訳松田武一他1973p295)と言う報告がなされているように、この時代の武士の上下関係は絶対的なモノであるとは言えなかったのである。

 戦国大名が家臣や領地を統治するために用いた政策として「分国法」が挙げられる。しかしながら、戦国大名というのがイメージされるような専制君主的な存在であったならばそもそも法というのは存在しないはずである。何かことが起きれば君主が独裁的に解決すればいい話だからだ。また、法が家臣を統治する性格を持つのなら、以上に述べてきたように独立心の強い武士たちがどうしてその法を受け入れるのかというのも不可解な話である。そこで、本節では、分国法から家臣と大名との関係を考察することにする。      

以下の表は戦国時代における主な分国法の種類である。

f:id:nakayamasansen:20160413222439p:plain

戦国時代には表に乗っているこれらの大名よりもはるかに多くの大名が存在(毛利氏や上杉氏、島津氏など)していたことから、むしろこのように分国法を制定し、法を備えた大名は例外的な存在であったと言える。分国法を制定した大名が進んでいたあるいは遅れていたという議論よりも、ここで問題にしたいのは分国法を成立するにあたっての過程とその動機である。

 まず、相良氏法度は九州の国人である相良氏が三代に渡ってその都度追加していき制定していったものである。その施行手続きから、勝俣鎮夫氏は相良氏法度が「上から一方的に押し付けるといった性格を有するものでは決してなく、(中略)老者と衆議の合意にもとづき作成される―真の立法主体は老者・衆議である」(勝俣鎮夫1979p125)とし、相良氏の分国法がその実態としては大名相良氏にあるのではなく、その重臣である老者、衆議の意向によって立法される性格のものであるとした。下記の図は勝俣が用いた図を模したものである。

下記の図に寄れば法の施行手続きは、老者または衆議から案がだされ、それぞれ相互の意向を取り入れ(例えば老者が起案したならば衆議の諮問を受ける必要がある)大名である相良氏の承認を経た上で衆議の承認を持って始めて公布されるものである。このように相良氏においては、家臣の意見がかなり取り入れられる構造になっており、分国法を制定することが家臣にとって有利なものであったことが伺えるのである。

 また、六角氏の六角氏式目も法の遵守を誓う起請文が大名である六角氏と家臣との間で取り交わされたこと、その上に内容も六角氏がしなければならない、してはならないなど六角氏の行動を規定したものが目立つのである。このことからも法によって主人の力を抑えようとしたことがみてとれるのである。

 

f:id:nakayamasansen:20160413222558p:plain

次に武田氏甲州法度之次第の第五十五条には「[i]晴信が定めや法度以下に対して違反しているようなことがあれば、貴賎を問わず投書をもって申し出ること。時と場合によって、その覚悟をする。」(クロニック戦国全史1995p737)と、あるように大名側の大幅な譲歩が見えるのである。このことからも、戦国大名に仕える家臣と言うのは、ある程度大名に対等に近かった存在であったのではないかと考えられるのである。

 しかしながら、分国法がその国の法律である以上は、その主題は家臣のいざこざや領民の紛争などの諸問題を解決するべきモノである。結城氏新法度には前文に

[ii](前略)当家の重臣は、私の採決について不満な時は、道理にあうのあわないのと陰でさやいている。あるいは自分の身にかかわることでは、親類縁者の訴訟となると白を黒といいくるめる。(中略)実際には死ぬきもないのに目をむいて、刀をぬく様子をみせて、無理を通そうとする。(中略)このような状態なので、私個人として、法律を決めた。(後略)」(クロニック1995戦国全史p738)

 と、あるように結城氏が分国法を定めた理由は、結城氏の採決に納得できない家臣や、親類縁者の裁判になると不平等が起き、強引に自身に有利な採決を勝ち取ろうとする者が後を絶たなかったために法律を定めたとしている。つまり、その狙いは公正で公平な裁判を行うためであったと言える。同様に今仮名目録の末尾には

[iii](前略)最近、人々が小賢しくなり、思いもかけないことで相論が持ち上がったりするので、その条目を記して、相論に対応しようとするものである。そうすれば、贔屓のそしりもないであろう。(後略)」(クロニック戦国全史1995p731)

 と、訴訟が増加しその裁判を行う際に「贔屓」をしたと言われないために法律を定めたと結城氏と同様の趣旨のことをのべているのである。

 小和田哲夫は戦国家法の狙いとして「全体的な傾向としては、やはり、戦国大名の絶対的権威の象徴として戦国家法が成立しており、(後略)」(小和田哲男1978p164)としているが、菅原正子が「戦国大名は、領国内で発生した問題・紛争に対する裁判の判決の基準にするために、その大名の思想・政策や領国特有の事情に適合した分国法を制定したものであり。権力的な支配を行うためではない。」(菅原正子2013年p18)と、述べているようにやはりその一番の趣旨としては、公平な裁判を行うことであったと考えるのが妥当であると考えるのである。そしてその公平な裁判は一章でみてきたように訴訟の処理、訴る権利のニーズを満たした(満たす)ものであったと考えるのである。

 

 家臣の側からみれば分国法の制定は君主の「独断専行」を防ぎ、公正な裁判により自身の権益を守るという役割があったのである。また、その関係は上下の絶対的な意識があったのではなく、極めて対等に近い関係であったと考えられるのである。

 

[i] 基本的な現代語訳は「クロニック戦国全史」を参照した

[ii] 同上

[iii] 同上

[i] クロニック戦国全史

[ii] ベナルディーノ・フェラーロ宛書簡