読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もめなへむみ

歴史や経済ゲームを扱う場です。※このブログの内容は作者の個人的見解に基づくものである

連載【戦国時代型労働思想】④労働組合としての幕府

歴史

 幕府とはどのような組織であり、武士たちは幕府にどのような役割を求めていたか。幕府が武士に果たした役割と、武士が幕府に求めたものから武士とはどういった性格の存在であったのかを考えていきたい。

 

 幕府という存在の大きさ、日本の歴史に果たした役割から、幕府というのは、日本という国を統治していた統治機関であるとイメージしている人は少なからずいると思う。そのような人たちのイメージでは、将軍が総理大臣にあたり、幕府という機関が国会にあたるとおそらくイメージしているのではと考えるのであるが、これは誤解である。

 先ほど、武士の御恩として本領安堵新恩給与の二つがあることをあげた。この二つがどちらも「土地」に関連している通りに武士たちが最も大事にしていたのは自身の持つ土地であった。そして、その土地を(恒久的)に保障してくれる存在を求めていたのである。

 しかしながら、彼らが当初、仕えていた公家が武士の土地を保障してくれたかといえばそうではなかった。平安時代には武士が未だ土地を所有しておらず、その土地の所有者は中央にいる貴族や寺社であり、武士はその土地を管理する管理人にすぎなかったのである。

 つまり、武士自身が土地を所有すれば朝廷に対しての納税の義務を果たさなければならなかったが、その土地を有力者に寄進することで、脱税を計りその見返りとして自身の土地の管理支配を保護されていたのである。このような寄進型荘園のシステムの中では、実質的には武士が土地を支配していたといえども、名目上、書類上は寄進された有力者のモノであり、武士が土地を所有しているとはお世辞にも言えなかったのである。 

 特に後白河上皇平清盛の息子、重盛の死後にその土地を無断で没収したことは、その時代に土地の所有者が明確に武士になかったことを示すものであるといえる。

 また、『枕草子』には、いやしげなるものの代表に式部丞の笏(しゃく)を挙げているが、これは、式部丞は律令制では五位であり給料が低くボロボロの笏を使い回していることを揶揄したものなのである。しかし、それはなにも式部丞の貧困さだけを卑しんだものではなかった。

 平清盛以前は正四位上の位が武士の最高位であり、律令制での武官の地位たる衛門府督・兵衛府督が正五位上衛士府督が従四位下と低い物であったことから、三位以上を一流貴族の証しとする当時では、武門に携わるものは下級貴族として圧倒的に差別されていたのである。家永が「律令国家においては、人民の自由なる集会、政治に対する批判的態度は、その内容の如何を問わずそれだけで犯罪とされたのであって、そこに律令貴族の人民感がはっきりあらわれているのであった。(家永三郎2007p30)」と述べているように武士が自分の利益を訴えることなどもっての外であったし、また、三位以上しか議政官として政治に携わることができない制度上、律令国家に自身の代弁者を送り込む余地さえなかったのである。

 

 現代の人間からみると、圧倒的な武力を背景に半ば公家を支配している武家というイメージをもちがちだが、そういった状況は少し後の時代のことであり、武士が発生した当初は当然のことながら公家の方があらゆる面で武家より優越した存在であったのである。このような差別的な境遇や、上流貴族の意識の中から自身の待遇の改善を求めることもできず、武士たちはもっぱら新たな雇い主を公家ではなく自分たちと同じ武士に求めたのである。

 それが幕府という存在であった。武士の、武士による、武士のための機関が幕府であり、その役割は公家に虐げられてきた武士の権益や立場を保証する労働組合的な存在であったと言えるのではなかったかと考えるのである。細川が「鎌倉幕府は、[i]御家人の政権であり、御家人の権益を保護することが使命、そして権力基盤なのであった」(細川重男2011P33)と述べているようにその基盤を御家人(武士)に求める以上、幕府は国家を代表する内政機関になり得るはずもなかったし、第一に考える(考えなければならない)のは国や国民全体の利益ではなく、御家人(武士)の利益であったのだ。

 しかしながら、幕府の裁判において荘園領主の側が勝訴し御家人側が敗訴している例が多いことから本郷和人が「統治権者として成長しつつあった幕府は、「公平性」を高く掲げ、世の中の期待に応えようとしたのです(本郷和人2012p88,89)」と、のべているように、幕府としては御家人の枠を超えて統治しようという意志もあったことが伺えるが、幕府による全国統治を目指した安達泰盛[ii]霜月騒動で失脚し、細川が「御家人制はこれまでと同じく閉鎖的なものに止まり、鎌倉幕府は真の全国政権となる道をみずから放棄したのであった(細川重男2011p118)」とのべたように、その後に続く永仁の徳政令も明らかに全国の国民を無視し御家人に有利な内容であることから、幕府がまた御家人のための組織であろうとしたことが伺えるのである。

 

f:id:nakayamasansen:20160410213142p:plain

図1 永仁の徳政令 出典 笠松宏至 『徳政令』1983

このように幕府が武士の労働組合に過ぎない以上、幕府に特別な忠誠を誓う必要もなく、幕府が自分たちの利益になり得ないと判断したのなら、直ちにこれを排除し自分たちに相応しい新たな組合長を据えることにするのである。

<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=nakayama623-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4004202183&IS1=1&ref=tf_til&fc1=000000<1=_top&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

[i] しかしながら、全ての武士が御家人ではなかった。特に西国御家人はこの時代「本所一円地住人」と呼ばれ、東国御家人とは明確に区別されていた。

[ii] 御家人の権益派の平頼綱と統治派の安達泰盛が衝突した政変、泰盛は殺され頼綱が実権を握るようになる